昨今のIT業界で求められるスキルとは

法整備などにより、ITに関しても女性が活躍できる仕事へと変わりつつある。しかしながら、人数から見ても男性優位の状況は変わっていないのが現状と言える。
「IT系の仕事」というと、複雑で高度な電子機器に関するスキルが必要であり、女性にとってそういった分野は縁遠く感じてしまう人もいるかもしれない。実際、IT系の仕事の中にはそういった高度なスキルが必要な業務も存在し、技術の進歩や情報の移り変わりが早いこともあるため、例えば出産で離職していた女性が、子育てが一段落したことで復職しようとした際に簡単に参加できる業務だとは言い難い。ITエンジニアはスキルがものを言う職種であるため、将来的にステップアップを図りたい場合は高度なスキルやITの知識は必須だ。

一方で、近年のダイバーシティ促進もあり、IT業務における働き方も様々に変化している。それにより、簡単なライティングやデザインなどの仕事を受注して収入を得ることも可能になった。つまり、高度なスキルを持っていない女性もIT業界で仕事ができるようになってきているのである。
だが、何のスキルも必要無いというわけではない。特に仕事を受注する際や成果物を改善・納入する際に、ある程度のコミュニケーションスキルは必要となる。また、自分の仕事を管理できるだけの管理スキルも持ち合わせていなければ、IT系の業務において十分な成果を出すことは難しいだろう。なので、そういった最低限のスキルだけは持ち合わせておく方が良いと言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です